日本色彩学会第47回全国大会[名古屋]'16

日本色彩学会第47回全国大会[名古屋]'16



日本色彩学会第47回全国大会[名古屋] '16 参加募集のお知らせ

第47回全国大会実行委員長 川澄 未来子(名城大学)


会場となる共通講義棟東

拡大表示

 日本色彩学会第47回全国大会を,2016(平成28)年6月4日(土),5日(日)の2日間,名城大学天白キャンパスにおいて開催いたします.
 名城大学天白キャンパスは,7 学部が集まるメインキャンパスです.JR名古屋駅から地下鉄で約30 分の便利な場所にあります.名城大学ならではの青色LED に関する話題,また,6 月ならではのホタル観賞などを織り交ぜ,テーマ『自然の光,人工の光』に沿って企画をご用意してお迎えいたします.是非ご参加いただき,6 月の名古屋をお楽しみください.

■会期 2016(平成28)年6月4日(土)〜 5日(日)
■会場 名城大学天白キャンパス
〒468-8502名古屋市天白区塩釜口1-501 Tel:052-832-1151(内線:5350川澄)
交通アクセスについては http://www.meijo-u.ac.jp/about/access/index.htmlをご覧ください.
■特別企画『自然の光,人工の光』と交流会
 2016 年6 月4 日(土)
 15:00 〜 17:00 <名城大学>
  @青色LED 開発についての講演
    豊田合成株式会社 太田光一顧問
  Aホタルの生態や色光についての講演
    東京ゲンジボタル研究所 古河義仁代表
 18:00 〜 21:00 <八事山興正寺>
  *名城大学より地下鉄で一駅
 18:00 境内・庭園の散策
 18:30 食事会<普照殿>
  *興正寺住職(予定)による講話を聴きながら
 20:00 ホタル観賞会<普門園>
  *古河代表によるホタル解説を聴きながら

 名城大学は,青色LED 研究で2014 年にノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇教授が,今もなお現役で研究指導を行っている場所です.また,天野浩教授(名古屋大学)がかつて18 年間を過ごされたキャンパスでもあります. 「青」の色光を追い求める研究に触れる企画として,お二人と共同でLED を実用化研究された豊田合成の太田光一顧問のご講演を企画しました.産学連携で照明の歴史を見事に変えられた話題をご提供いただきます.
 また,6 月はホタルが美しい光を放つ時期です.名城大学近くの八事山興正寺を,土曜夜の交流会の場所に選びました.食事後に庭園にて「緑」に優しく光るホタルを鑑賞します. 興正寺は徳川家の祈願寺として330 年の歴史を持つお寺で,重要文化財である木造の五重塔をはじめ,美しい庭の散策も楽しめます.さらに,東京ゲンジボタル研究所の古河義仁代表にホタルに関するご講演をお願いしました.ホタルの色光の秘密や鑑賞のコツを学んでからお寺に向かう予定です.
 ホタルの緑の光,LED の青い光.この時期,この場所ならではのコンビネーションを楽しみつつ,「自然」と「人工」の光について改めて思い巡らせるきっかけを作りだします.特別企画『自然の光,人工の光』にどうぞご参加ください.

青色LEDで2014年ノーベル賞受賞
写真:Alexander Mahmoud
交流会場の八事山興正寺普門園
写真:八事山興正寺
6月はゲンジボタルが見ごろ
写真:東京ゲンジボタル研究所 古河義仁
■参加登録

*登壇発表者:口頭での登壇発表者及びポスターでの責任発表者がこれに当ります.
 ■参加登録費:
●大会参加費は右表の通りです.大会会場の受付は混雑致しますので,会員各位はできるだけ2016(平成28)年4月20日(水)までの事前登録をご利用下さい.以降の参加登録は,全て当日受付にて申し受けます.
交流会は準備の都合で,参加は前納者を優先します.このため交流会費は前納額のみ記載しました.参加ご希望の方は必ず前納してください.
●名誉会員は大会にご招待させていただきます.交流会にご参加の場合,交流会費のみ申し受けます.
●賛助会員(法人)にご所属の方,および賛助会員(個人)には,正会員の参加費が適用されます.
●ご事情により式典のみへのご出席のためご来場される場合には,その旨を受付にお申し出下さい.大会への参加登録は必要ございません.
 ■事前登録 :
●2016(平成28)年4月20日(水)までに,本号ニューズに同封の郵便振替用紙にて参加費をお振込下さい.ご入金の確認をもって参加登録の完了となります.大会受付で「振込受領書」を確認させていただく場合があります.可能な方は振込受領書をご持参下さい.
●振込先 金融機関:ゆうちょ銀行
     口座番号:00180−9−684544
     加入者名:日本色彩学会全国大会
   銀行からの振込の場合:
     銀行名:ゆうちょ銀行 金融機関コード:9900
     店番:019 預金種目:当座
     店名:〇一九 店(ゼロイチキュウ店)
     口座番号:0684544
●振込手数料は各位にてご負担下さい.
●原則として,お振込後の取消し等によるご返金には応じかねますので,予めご了承下さい.
●非会員の方でも,上記の振込み先に参加費を前納することも可能です.ただし,前納による割引はありませんので,ご了承下さい.
 ■併設展示会への出展募集
今大会会期中,関連機器・機材・資料など,広く供覧いたしたく展示会を開催します.是非,この機会にご出展賜りますようお願いいたします.詳しい資料(併設展示会募集要領)は,下記併設展示会担当までご請求下さい.
●展示期間:2016(平成28)年6月4日(土),5日(日)
●展示会場:名城大学天白キャンパス(共通講義棟東)特設展示フロア 
●出展料:1コマ 80,000円(消費税別)
[机(180×90 cm)+展示パネル(バックパネル)]を予定しております.また,出展料は前納制でお願いしております.
●申込締切:2016(平成27)年3月31日(木)
●問合せ先:日本色彩学会 第47回全国大会実行委員会 併設展示会担当(窓口:辻埜)
e-mail:zenkoku2016@color-science.jp


日本色彩学会第47回全国大会[名古屋] '16 研究発表および作品発表の募集

第47回全国大会実行委員長 川澄 未来子(名城大学)


会場となる共通講義棟東

 日本色彩学会第47回全国大会を,2016(平成28)年6月4日(土), 5日(日)の2日間,名城大学天白キャンパスにおいて開催いたします.つきましては,研究発表およびカラーデザイン作品発表の募集を行います.発表は従来どおり,口頭発表とポスター発表の2つの形式があります.会員の皆様には,奮ってご発表の申込みをいただききますようお願いいたします.
 名城大学天白キャンパスは,7 学部が集まるメインキャンパスです.JR 名古屋駅から地下鉄で約30 分の便利な場所にあります.名城大学ならではの青色LED に関する話題,また,6 月ならではのホタル観賞などを織り交ぜ,テーマ『自然の光,人工の光』に沿って企画をご用意してお迎えいたします. 是非ご参加いただき,6 月の名古屋をお楽しみください.

■会期
2016(平成28)年6月4日(土)〜 5日(日)
■会場
名城大学天白キャンパス
〒468-8502名古屋市天白区塩釜口1-501 Tel:052-832-1151(内線:5350川澄)
交通アクセスについては http://www.meijo-u.ac.jp/about/access/index.htmlをご覧ください.
■スケジュール
発表申込の期間および締切2016(平成28)年1月6日(水)〜 15日(金)<15日 締切 厳守>
発表形式の通知2016(平成28)年2月中旬
予稿原稿の締切2016(平成28)年3月25日(金)
全国大会発表2016(平成28)年6月4日(土)・ 5日(日)
■研究発表 募集要項
■募集内容:
著者が最近行ったオリジナルで未発表の研究
研究発表:
研究分野の例を以下に示しますが,この分類にこだわらず,横断的な研究発表も期待します.
@色覚・生理 A測色・表色・色差 B色光・色材(照明, 光源,染料,顔料) C色彩情報(記録,再現,画像処理,分析・評価) D色彩心理(感覚・知覚,認知, 感情,調和) E色彩文化(色彩史,民族・風土・伝統の色) F色彩芸術(美術,デザイン) G色彩教育 Hコスメティクス I色彩応用(建築,環境,服飾など) Jその他

■申込方法:次の要領による「(研究)発表申込書」を,e-mailにてご送付下さい.発表申込者へは,申込みを受けた旨をご連絡します.1週間以上経過しても連絡がない場合には,お問い合わせ下さい.
(研究)発表申込書(A4縦,横書き1枚)記載要領  申込締切:2016(平成28)年1月15日(金)必着
A欄
(A4縦 上半分)
プログラム編成用
(a)著者名と所属,会員種別(登壇者・共同発表者) (b)題目 (c)連絡先(会社・団体・学校名,郵便番号,住所,Tel.,Fax.,e-mailアドレス) (d)希望する発表形式(ポスター・口頭) (e)研究の発表分野(前述@〜Jの番号,複数可) (f)発表奨励賞(後述)の審査希望者は,生年月日および審査希望の旨を明記して下さい.
B欄
(A4縦 下半分)
学会誌編集委員会閲読用
(g)題目 (h)希望する発表形式 (i)発表内容の概要
発表内容の概要は,研究の背景と目的,方法,主な結果(まだ結果が得られていない場合は見通しなど)がわかるように,500字程度(必要なら図表の挿入可)で簡潔に記述して下さい.
※発表申込書のひな形をここ(PDF形式Microsoft Word 形式)に置きますのでご利用ください.
■カラーデザイン作品発表 募集要項
■募集内容:発表者が最近制作したオリジナルで未発表の作品に限ります.
作品の発表分野を以下に示します.
(A)ファッションカラーデザイン(服飾・メイク・ネイル・ヘアメイク・パーソナルカラーなど) (B)商品カラーデザイン(商品企画・広告デザインなど) (C)環境カラーデザイン(インテリア・建築・土木・パブリックデザイン・景観等の色彩計画・サインなど) (D)その他のカラーデザイン(アート性の強い作品,横断的作品など)
■発表内容:作品のデザインコンセプト,制作プロセスの記述,写真等が中心になると思われますが,主催者として許容できる範囲で実物展示,実演などにも配慮いたします.
■申込方法:次の要領による「(作品)発表申込書」を,e-mailにてご送付下さい.発表申込者へは,申込みを受けた旨をご連絡します.1週間以上経過しても連絡がない場合には,お問い合わせ下さい.
(作品)発表申込書(A4縦,横書き1枚)記載要領  申込締切:2016(平成28)年1月15日(金)必着
A欄
(A4縦 上半分)
プログラム編成用
(a)制作者名と所属,会員種別(登壇者・共同発表者) (b)題目 (c)連絡先(会社・団体・学校名,郵便番号,住所,Tel.,Fax.,e-mailアドレス) (d)希望する発表形式(ポスター・口頭) (e)作品の発表分野(前述(A)〜(D)の番号) (f)発表奨励賞(後述)の審査希望者は,生年月日および審査希望の旨を明記して下さい.
B欄
(A4縦 下半分)
学会誌編集委員会閲読用
(g)題目 (h)希望する発表形式 (i)発表内容の概要 (j)作品の写真発表内容の概要は,作品制作の背景と目的,方法,主な結果(まだ結果が得られていない場合は見通しなど)がわかるように,300字程度(必要なら図表の挿入可)で簡潔に記述して下さい.発表作品の全容がわかる写真(3点まで)も添付して下さい.
※発表申込書のひな形をここ(PDF形式Microsoft Word 形式)に置きますのでご利用ください.
■発表形式,発表資格
■発表形式:(1) 口頭(質疑応答時間を含み12分から15分程度を予定してます.)
(2) ポスター(口頭発表同様に登壇し,3〜4分(予定)のショートプレゼンテーションを行います.ただし,質疑応答は行いません.会期を通して,ポスターを掲示し,ポスター発表責任時間に説明および質疑応答を行ってください.)
 いずれも登壇発表ではPCプロジェクターなど使用可能です. ただし, ショートプレゼンテーションは会場に用意されたPCでのPCプロジェクターによる発表に限られます.
■発表資格:連名者を含む発表者うち,少なくとも1名が本学会会員であること.
発表者全員が会員でない場合,あるいは未入会の発表者が発表奨励賞へのエントリーを希望する場合は,早めに入会の手続きをお願いします.学会に未入会の方でも,研究発表あるいは作品発表申込と同時に入会申込をしていただくことで,発表が可能です.この機会にぜひ当学会にご入会下さい.

■申込締切:2016(平成28)年1月15日(金)必着 (申込期間1月6日(水)〜 15日(金))

■発表形式と閲読結果の通知:2016(平成28)年2月中旬
 今大会では,学会誌編集委員会のもと,匿名の閲読者によって,発表内容の概要の閲読を実施し,その結果を参考にして,発表形式(ポスター/口頭)を決定します.発表形式ならびに閲読の結果は,2016(平成28)年2月中旬に発表申込者各位に通知します.予稿原稿執筆の参考としていただければ幸いです.
 なお,研究発表につきましては,@色彩学の研究から著しくかけ離れているもの,A特定の個人・団体を誹謗中傷するもの,B特定の対象の礼讃・宣伝に終始し,著しく客観性に欠けるもの,Cその他一般的な学術研究発表の常識に照らして,これを逸脱しているものについては,発表をお断りする場合がありますのでご了承下さい.作品発表につきましても,学会発表の常識に照らして,これを逸脱しているものは,発表をお断りする場合がありますのでご了承下さい.
■予稿原稿の執筆:2016(平成28)年3月25日(金)締切
 予稿原稿はカメラレディ原稿として掲載されます.閲読結果とあわせて,予稿原稿の執筆要領を兼ねたひな形(学会ホームページにも掲載します)をお送りしますのでご参照下さい.
 なお,2015年9月開催の米沢大会では,発表論文集をCD-ROM とし,同時に提出していただいた400字のアブストラクトを学会誌に掲載しましたが,メデイアの選択を含め現在対応を編集委員会等で検討中です.決定内容は執筆依頼時に通知いたします.
■申込先・問合せ先:
日本色彩学会第47回全国大会発表申込受付(辻埜) e-mail:zenkoku2016@color-science.jp
なお,e-mail をお使いにならない方は学会事務局までお問い合わせください.

〈 全国大会発表奨励賞 − 審査希望の申告について 〉

 日本色彩学会全国大会発表奨励賞は,全国大会において,将来性を示す優秀な口頭発表の登壇者またはポスター発表の説明責任者を表彰するもので,第35回全国大会(2004年)より設けられました.さらに,第43回全国大会(2012年)よりカラーデザイン作品発表部門も設けられました.
 下記にあげる(1)から(3)の全ての条件を満たす方は受賞資格を有します.審査希望者は「発表申込書」の提出時に「審査希望」と明記し,申し出て下さい.審査および受賞者の決定は,全国大会発表奨励賞審査委員会が行い,研究発表部門およびカラーデザイン作品発表部門の受賞者は大会の式典において表彰されます.
 なお,受賞候補者の予稿内容および発表内容(口頭/ポスター),さらにカラーデザイン作品部門では作品が審査対象となりますので,申し出がない場合や,申し出た者が当日発表されない場合には,審査対象から除外されますのでご留意下さい.

■発表奨励賞の受賞資格
(1)2016(平成28)年4月1日における年齢が満30歳以下(生年月日が1985年4月2日以降)の本会正会員または学生会員.
(2)当該全国大会における口頭発表の登壇者またはポスター発表の説明責任者であり,かつ発表申込時に発表奨励賞の審査希望を申し出た者.
(3)過去に本会発表奨励賞を受賞していない者.


主  催:一般社団法人日本色彩学会
運  営:日本色彩学会第47回全国大会実行委員会
連 絡 先:日本色彩学会第47回全国大会実行委員会事務局 e-mail : zenkoku2016@color-science.jp
大会ウェブページ : http://www.color-science.jp/zenkoku2016/index.html


日本色彩学会Webトップページへ URL:日本色彩学会Webトップページへ 日本色彩学会Webトップページ(携帯電話用)へ(携帯電話用)
Copyright 1998-2015 The Color Science Association of Japan. All Rights Reserved.