学会について

会長挨拶

 本会は1948年設立の「日本色彩科学協会」を前身とし、その後1970年に「日本色彩学会」と改称し、2015年4月1日に一般社団法人になりました。前身から数えると70年以上の長い歴史を有する学会です。
本会の目的は、色彩学およびその応用についての研究発表、知識の交換、会員相互および内外の関連学会との連携協力等を行うことにより、色彩学の進歩普及を図り、もってわが国の学術発展に寄与することとしています。そもそも色彩は、物理、化学、工学、情報学、芸術、教育学、心理学、言語学、歴史学など理数系から人文社会系にいたる広い学術分野に関連し、その応用はファッション、印刷、化粧、塗料、照明、建築、マーケティングなど、幅広い領域にわたります。そのため日本の学術団体においては稀に見る、会員構成のきわめて多彩な学会と言えます。
本会は、国際色彩学会(Association Internationale de la Couleur:略称AIC)の創設時メンバーとして、色彩学に関する研究成果の国際発信を積極的に進めてきました。これまで1997年の第8回京都大会に続き、2015年には東京で中間大会を開催し大きな成果を挙げました。また近年では「インターナショナル・カラー・デイ(ICD)」を通した色彩学の普及啓発活動や「学術コラージュ研究助成」による若手研究者支援にも力を入れております。
会員の皆様におかれましては、学会活動を今後ますます発展させていくため、一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。また、会員以外の方におかれましては、色彩に関わるご関心を多くの人と共有し、考察を深める場として、是非とも入会をご検討ください。
日本色彩学会は、学際的(Interdisciplinary)な「色彩」を共通項に多彩な「人財(材ではなく財)」が集う場、そして多様性と包摂(Diversity & Inclusion)を体現する学会です。大学や企業の研究者や学生のみならず、色彩を愛するすべての方々を歓迎いたします。

一般社団法人日本色彩学会
会長 篠田博之

組織図:[PDF]

令和2年度理事・役員

会長         篠田 博之(立命館大学)
副会長(事業担当)  山内 泰樹(山形大学大学院)
副会長(学術担当)  眞鍋 佳嗣(千葉大学大学院)
総務担当       櫻井 将人(静岡理工科大学)
総務担当       片山 一郎(近畿大学)
財務担当       河本 健一郎(川崎医療福祉大学)
財務担当       西  省吾(大阪電気通信大学)
編集担当       木村  敦(日本大学)
広報担当       平井 経太(千葉大学大学院)
事務局担当      髙橋 晋也(東海学園大学)
教育普及担当     下川 美知瑠
(カラー&ファッションマーケティング+デザイン研究所)
特命担当       岩井  彌  (パナソニック(株))

監事
鈴木 敬明(静岡県工業技術研究所)
東  吉彦(東京工芸大学)

支部長
関東支部長 東  吉彦(東京工芸大学)
関西支部長 石田 泰一郎(京都大学大学院)
東海支部長 石原 久代(椙山女学園大学)

規程類
日本色彩学会規程集のページはこちら.