美しい日本の色彩環境を創る研究会

研究会の紹介

美しい日本の色彩環境を創る研究会のご案内

美しい日本の色彩環境を創る研究会のご案内です

「美しい日本の色彩環境を創る」研究会の見学会報告

「美しい日本の色彩環境を創る」研究会の見学会報告
開催日:2018年10月20日(土)
場 所:揚輝荘(愛知県名古屋市)
【スケジュール】
13:00 聴松閣(南園) ガイド付き見学
14:00 伴華楼(北園) ガイド付き見学

午前中のWeb会議終了後、揚輝荘南園の聴松閣一階にある喫茶べんがらで昼食を頂く。今回の見学会は、すでにここから始まっていた。旧食堂には、有名寺院の古代瓦がはめ込んである暖炉に、手斧を用いた名栗技法で飾られた床が当時の雰囲気を今に残してくれている。
13時になり、ガイドのモリ氏の解説を聞きながらの聴松閣見学が始まった。旧サンルームに展示された昭和14年頃の揚輝荘を再現したジオラマは圧巻だった。松坂屋の初代社長15代伊藤次郎左衛門祐民が建てた揚輝荘の壮大さが一目でわかる。旧食堂の解説では、面白い見解を得た。モリ氏云く、床全体は大海原で名栗は波を表しているそうだ。かつて国内外の客人や留学生を招いた食堂の床が今も喫茶の床として観光客を迎えていると考えると感慨深い。二階の旧書斎の床は、GHQの名残を見ることができる。二階のヨーロッパ風旧応接室と中国様式の旧寝室、地下のインド旅行を想起させる空間では、不思議な感覚に囚われた。
14時からの北園のガイドはトリイ氏であった。北園は、伴華楼、豊彦稲荷、白雲橋、三賞亭を見学した。昭和12年に建てられた南館聴松閣の外観はハーフティンバー様式を持つ山荘風外観であったが、昭和4年に建てられた伴華楼は明治の残り香を感じさせる和洋折衷の建築といえよう。伴華楼の一階にある奥の部屋では仕掛け扉があり、祐民の茶目っ気な一面を知ることもできた。二階の洋室の床には絨毯が敷かれていたが、それをめくると美しい木口の寄木敷き詰め床が隠されていた。ほんの一部しか見ることができないが、当時は贅沢な空間だったのだろう。
白雲橋は、修学院離宮の千歳橋を模したといわれる廊橋である。北側の天井には祐民の描いたとされる龍の絵があるが、この絵には、女性の横顔が隠されていると2012年に話題になったそうだ。そういえば、二階の座敷にある三保の松原を模した千年杉の欄間にも干支が隠されているらしい。時代を超えた祐民の遊び心には驚かされる。
三賞亭は、大正7年に伊藤家本宅から移築したもので、揚輝荘最初の建物だそうだ。茶室にあがることはできなかったが、障子ごしの丸窓の光が満月のようで、祐民の粋な計らいを受けたような気がした。
色彩環境として特記すべきは、素材色の活かし方とそこかしこに見られる凝られた意匠である。木材を知り尽くした大工の匠の技だけでなく、揚輝荘全体に見られる和洋折衷は、洋と和のバランスの取り方の面白さと難しさを教えてくれるだけでなく、当時の色彩感覚と光の扱い方を伝えている。
一方で、残念な点もあった。それは、北園の老朽化と周辺の高層マンションが庭園の景観を壊しているということだ。しかし、この揚輝荘を当時のままで保存維持、管理することの難しさも考えねばならない。歴史的建造物とそれらを取り巻く景観を、いかに守り発展させていくのか。我々は、歴史的建造物や美しい景観を文化や芸術、美の財産として守り受け継いでいかねばならないのだ。建造物と景観問題が、所有者だけでなく行政や市民に突きつけられている大きな問題であることを再認識した見学会でもあった。(文責:森友令子)

「美しい日本の色彩環境を創る」研究会の見学会と講習会報告

[PDF版はここをクリックしてください]

「美しい日本の色彩環境を創る」研究会の見学会と講習会報告
開催日:2018年4月14日(土)15日(日)
場 所:宮崎県日向市
参加者:4/14、13名(美々津見学会と行政の講習会、LOJ会員・関係者10名)
4/15、30名程度(日向市の景観の取り組みについての色彩講習会と現地見学会、LOJ会員と関係者11名)

【スケジュール】
4月14日(土)
①15:00~ 国の重要伝統的建造物群保存地区「美々津」の見学会
日向市歴史民俗資料館 佐藤 久恵 館長
②17:50~ 宮崎県の景観についての取り組み
宮崎県 県土整備部 都市計画課 美しい宮崎づくり推進担当 主幹 岡部 章 氏
③18:40~ 日向市の景観についての取り組み
日向市役所 建設部 都市政策課 課長補佐兼技術調整係長 吉田 健二 氏
4月15日(日)
④9:30~ 日向市の景観の取り組みについての色彩講習と現地見学会
「美しい日本の色彩環境を創る」研究会活動について 主査 林 英光
日向市景観アドバイザー 山口 ひろこ 氏

4月14日には宮崎県美しい宮崎づくり推進室の岡部氏と、日向市建設部と都市政策課の吉田氏による景観行政についての講義があり、その内容はわが国トップクラスの先進的景観行政県だけあり、整然とした景観についての取り組みは実に見事なものであった。
15日は日本色彩学会「美しい日本の色彩環境を創る研究会」の活動説明と、関西から九州にわたり活動されている山口ひろ子氏によるきめ細かい景観アドバイザーとしての講演と、現地説明会があり、県民と建築家の参加とともに、免震構造の木材と白と赤の竣工直後の斬新な日向市役所を、議会・市長室まで細部にわたり見学出来た。 特筆すべきは、わが国には稀有な、県・市共に他都道府県に有りがちな縦割りの風土が見られない、行政・市民・業界が一体となり、自然体で美しい景観づくりに取り組んでいることであった。良き風土と歴史とともに宮崎交通の創始者であり、宮崎県の観光の父と称えられる実業家の岩切章太郎氏の思想と志が引き継がれていることが基本にあると感じた。ここには人と、優しく温かい風土に支えられている景観があり。初日の雨模様の美々の里の見学は、しっとりと丁寧で優しい伝統的街並みと、伝説の神武東征の船出の港が古代への想いを馳せる風景であった。

消防車車庫の前にて記念撮影

日向市歴史民俗資料館
佐藤館長より往時の美々津のまちの歴史を学ぶ

②③宮崎県と日向市の景観行政の取り組み講習

④日曜日早朝より市とLOJのセミナーは市民30名余の聴講者もあり、景観への関心の高さが感じられた。

日向市駅周辺の取り組みについて講習と現地まち歩き見学会

明るい感じの日向市新市庁舎見学会

研究会行事のお知らせ

  • 美しい日本の色彩環境を創る研究会
  • 2019年10月26日
  • 美しい日本の色彩環境を創る研究会
  • 2019年08月24日
  • 美しい日本の色彩環境を創る研究会
  • 2018年08月24日
  • 美しい日本の色彩環境を創る研究会
  • 2016年12月01日
  • 美しい日本の色彩環境を創る研究会
  • 2015年10月19日
  • 美しい日本の色彩環境を創る研究会
  • 2013年01月10日